高校生求人増える 稚内職安管内 昨年から42人増の196人

 今月16日からの高校生の就職戦線解禁前にし、稚内職安は7月末まであった企業などの求人状況を公表した。
 それによると道内外から196人(昨年同期154)の求人があり昨年に比べ27・3%の42人増えている。
 人手不足を背景にした求人増との捉え方もあるが、稚内職安では求人受理が6月1日に早まり2年目となり企業側の優秀な人材を採用しようとする意識が浸透・定着した結果でないか(樽見上席職業指導官)としている。
 高校側からの会社への人材推薦は5日から始まっており、企業側としては就職試験の準備に追われている。
 来春の卒業生431人8今春425)のうち求職者は109人(同136)。希望地域は同所管内103人(同105)、管外5人(同27)、道外1人(同4)。
 産業別求人状況。
 ▽建設業67人(同53)▽製造業 11人(同8)▽運輸業、郵便業 19人(同2)▽卸売業・小売業 23人(同18)▽金融業、保険業 16人(同14)▽医療、福祉 25人(同18)▽複合サービス業 16人(同13)など。 

コメントを残す