あす35㍍の暴風雨 台風21号 気象台が説明会開く

 台風21号が温帯低気圧に変わり本道に近付く影響で宗谷管内は大荒れの天候が予想されることから稚内地方気象台は3日午後、説明会を開いた。4日夜~5日にかけて暴風雨への警戒と最新の情報に留意するよう呼び掛けている。
 台風21号は速度を速めながら本道へ接近しており4日夜には急激に天候が変化する恐れがある。暴風がピークとなる5日午前中は、陸上20㍍、海上28㍍、最大瞬間風速35㍍の猛烈な風に雨が伴い、5日正午までの24時間降水量は50~100㍉に達するものと予想されている。海は6㍍の大シケ。
 気象台は4日夜遅くまでに暴風、波浪警報を発表する見込みにあり、屋外の飛びやすい物を片付けること、不要不急な外出は避けると共に、大雨による土砂災害に警戒するよう注意喚起している。

「イカ漁船60隻以上避難」

 台風21号が温帯低気圧に変わり、北海道に近付いている影響で稚内港にイカ釣り漁船が避難している。
 第2副港では多い所で4列にもイカ漁船が連なり、稚内機船漁協前の岸壁には、中型のイカ漁船=写真=が4日午前中だけで60隻以上停泊していた。

コメントを残す