笑いとペーソスふんだんに 風間杜夫一人芝居

 東京美装北海道旭川支店など主催の風間杜夫の一人芝居「ピース」は2日夜、文化センターで開かれ、330人が風間さんの演技を堪能した。
 この芝居は7月から沖縄公演を皮切りに全国13カ所で上演され、稚内が最終公演。交通事故で家族を亡くした葬儀屋経営者が酒浸たりの日々を過ごし、あの世に行き三途の川を渡ろうとした夢を見るなど、笑いと人情の芝居で平和を訴えたストーリーが展開された。
 劇中ではテレビドラマなどでも活躍する風間さんが舞台を縦横無尽に駆け回り、流行歌を唱い落語で鍛えた話芸などを披露し観衆を沸かせていた。

コメントを残す