Pocket

 モグラ叩きのようだ。西浜の小型風車の設置。次から次へと業者が参入し条例に違反し撤去を求められると別の業者が条例遵守し設置しようとする◆ユーラスエナジーが豊富町に風力発電の蓋電池を設置し、中川までの送電線容量も増やそうとしている最中、小型風車を建築し一儲けを企む民間業者。資本主義の経済活動として至って当然のことだが、市ばかりでなく稚内市民にとって歓迎すべきことばかりでないのは確かだ◆国内屈指の強風地域に商機ありということだが、世の中そんな甘いものではない。