食料品、建築材など18㌧ HSLチャーター第2船

 9月7日からサハリン州ユジノサハリンスク市で開かれる道主催の北海道フェアなどに向け31日、北海道サハリン航路(HSL)がチャーターした貨物船に食品など18㌧が積み込まれた。夕方までにはサハリンに向かう。
 7月に続いて2回目の貨物船チャーター事業で、ロシアの会社の貨物船(500㌧)を使用しコルサコフ港から31日朝、稚内港国際フェリーターミナルに着岸した用船に稚内のホクユーストアーや旭川などの業者がフェア
ーやスーパーで販売するメロンやスイカ、ラーメン、米、菓子類など食料品5・5㌧、雑貨500㌔、外壁材など建築資材12㌧が船積みされた。
 HSLの日向寺専務によると、次回は10月頃を予定している。

コメントを残す