Pocket

 絵手紙富岡クラブ会員の第7回富岡クラブ絵手紙展が、稚内信金富岡支店で開かれている。9月7日まで。
 年1回の作品発表の場として開かれている作品展には会員10人が日本画用絵具でひな祭りなどの行事や花、「北海道」を命名したとされる松浦武四郎を描き一言添えた絵手紙のほか、巻き紙にルピナスの花を描いた作品など個性豊かな100点が展示されている。
 代表の古川章子さんは「会員が楽しんで描いた作品で皆さんと笑顔に出来れば」と来店を呼びかけている。
 同クラブでは会員を募集している。毎月第2、第4木曜日の午前10時から富岡・はまなす地区活動拠点センターで活動しているので先ずは見学に来て下さいと。