枕崎コンカツのカツオ飯振る舞う マルシェ中止になり緑風苑とはまなす学園で

 稚内市と友好都市にある鹿児島県枕崎市のコンカツプロジェクトが25日、はまなす学園と稚内緑風苑を慰問し、利用者に枕崎のカツオを使った枕崎鰹船人飯を振る舞った。
 最北端・食マルシェでの販売を予定していたメニューだったが、食マルシェが中止となったことから、枕崎コンカツプロジェクトのメンバーが両施設の入所者に300食分を無料提供した。
 枕崎鰹船人飯は、枕崎市通り会が商店街活性化のために開発したご当地グルメで、鹿児島県内の商店街グルメナンバー1を決める大会で2連覇を達成し殿堂入りした逸品。利用者は「とても美味しい」と舌鼓を打っていた。
 枕崎市通り会の加藤隆一会長は「食マルシェ中止は残念ですが、利用者の方々に枕崎の味を堪能していただき作った甲斐がありました」と話していた。

コメントを残す