時の話題 「オ海ライン整備を」

 年中行事というのか今年のお盆15日も父親の方の墓がある紋別に行ってきた。いつもなら大半が一人旅とも言っていいほど車が少なかったのだが、今年は雨が降り風が強い悪天候に拘らず国道238号を走る自転車が多いのには驚いてしまった。
 稚内市(観光交流課)に聞いてみると、観光客入り込み数は宿泊施設や交通機関のほか稚内では宗谷岬、ノシャップ岬、稚内公園の3地点で月5回、委託された稚内市シルバー人材センターが目視した人数など含め入り込み数として公表しているという。
 そうすると自転車やバイクで来てテントで寝泊りする人達はカウントされないケースが出てくる。正確を期すといっても限度があるのは理解できるが、あれほど自転車旅行する人が多いのだから例えばだが北防ドーム内にテントを張っている人達や森林公園や道の駅に駐車しているキャンピングカーの人達も人数に入れるようしたら如何だろうか。
 自転車の人達は見た目には日本人に見えたが、観光交流課によると健康志向もあり自転車旅行している台湾人も多いのだそうだ。日本人と体格が似ており、そう言われればと納得するものがあった。
 稚内から車で行くには札幌は日本海ルート、旭川には国道40号、網走、北見方面は238号とだいたい決まっているが、北見方面は高速道路がなく道の駅やトイレ含め休憩施設が他のエリアに比べ少ない。
 選挙区では12区で武部代議士の地盤でもあるので、ここは是非、働きかけを強めてもらいオホーツクラインのインフラ含め整備に努めて戴きたいものだ。

コメントを残す