今年は稚内で交流 22~26日まで太田市から91人来市

 稚内市と群馬県太田市との青少年交流事業で22日~26日、太田市の児童生徒が来市し稚内の子供たちと交流を深める。
 今年で17回目の交流事業には、太田市から小学5、6年生58人、中学生16人、高校生サポーター8人、引率者含め91人が来市する。
 交流団一行は22日午後の東京便で到着後、宗谷丘陵や宗谷岬などを見学。23日は利尻島に渡り島を1周するサイクリングをし島内見学。24日は潮見が丘小児童とソーランと給食で交流し、午後から「うろこ市」で水産加工体験をする。
 25日は稚内公園やノシャップ寒流水族館などを見学し、午後からは北防波堤ドーム公園で開催される南中ソーラン全国交流祭を見て26日帰途に就く。

コメントを残す

次の記事

天北堆