スズメバチに注意! 稚内市 巣の駆除に天手古舞

 暑い日が続いていることでスズメバチの巣作りが佳境を迎え、市役所には巣の駆除依頼が相次いでいる。
 昨年、市(くらし環境課)で行った巣の駆除は13件と少なかったものの、今年は7月下旬から続く暑さで活動が活発になったキイロスズメバチやクロスズメバチが民家の軒下などあちこちで巣を作り、14日までに32件駆除したという。
 14日午前中、中央地区の民家では、軒下にあったキイロスズメバチの巣を市の職員が全身白ずくめの防護服を着て駆除作業に当たっていた。
 くらし環境課では見付けた場合は近付かず連絡をと注意を呼びかけている。

コメントを残す