シカ我が物顔に横断 写真とる観光客おり危険

 ノシャップ2~3の道道抜海港線のカーブ沿いで出没するシカの写真を撮るため観光客らが道路沿いに車を停車させていることがあり近隣住民は「車の走行に支障があり危険」と不安を募らせている。
 ここ一帯は道路沿いの草むらを寝床にし塩分を取りに前浜を行き来する10頭余りのシカの群れがいる。市民には当たり前の光景だが観光客にとっては街中に出没するシカは珍しく、9日午後も道路沿いにバイクや車を停車させ、写真を撮るのに夢中になる観光客がいた。
 何度もこのような姿を目撃するという住民は「追い越し禁止車線で道幅が狭く車が止まっていると、車がすれ違うときが危ない」と話し、別の人は「カーブで見通しが悪く、事故が起きなければいいが」と懸念していた。

コメントを残す