全国水泳大会での健闘誓う 大日向君が市長訪問

 17~19日まで岡山県で開催される第58回全国中学校水泳競技大会に北海道代表として出場する東中3年大日向海斗君が9日、市役所を訪れ、工藤市長に全国大会出場の報告をし健闘を誓った。
 大日向君は、7月28、29の両日に江別市で開かれた全道大会平泳ぎ100、200㍍の2種目に出場し、200㍍では惜しくも2位だったが100㍍では大会新記録で優勝した。200㍍も標準タイムを超えたため昨年に続き2種目で全国大会出場を果たした。
 眞宮英博東中教頭と市長の許を訪れた大日向君は、全道大会を振り返ったあと、全国大会に向け1人で今月3~8日まで本州遠征をするなど全国大会に向け調整中とし「昨年果たせなかった2種目優勝できるように頑張りたい」との意気込みに、工藤市長は「体調に気をつけて自分の力を信じ頑張ってほしい」などとエールを送っていた。
 大日向君が出場する平泳ぎ200㍍は18日、100㍍は19日に行われる。

コメントを残す