講師は合宿中の高校生 バレーボール中学生クリニック

 先月30日から総合体育館で夏季スポーツ合宿を行っている大谷高と札幌東商業、岩見沢緑陵、中標津、釧路明輝高女子バレーボール部による中学生を対象としたクリニックが4日、行われ、参加した中学生たちは個々の技術力を高めた。
 同クリニックは、高校生と中学生の交流事業として5年前から夏合宿で来市する4校と地元大谷高が実施しているもので、稚内のほか初山別、利尻の男女中学生部員60人が参加し、4つのコートに分かれ、レシーブやパスなどの基本練習に汗を流した。
 参加した中学生たちは、高校生のアドバイスを受け、その後の混合の試合で早速実践していた。

コメントを残す

前の記事

時の話題 「政治家の質」

次の記事

時の話題 「終戦月迎え」