2カ月連続し1000人超 観光協会集計 7月外国人来市状況

 稚内観光協会は、7月中の外国人観光客の来市状況をまとめた。
 団体は台湾から14本332人、香港8本218人、アメリカ4本130人、ロシア1本18人の合計し27本698人。個人は中国80人、韓国55人、台湾36人、香港51人、アメリカ54人、欧州などその他158人の434人。
 総体は1132人と前年から12・2%の157人減ったものの、1カ月当たりでは過去最多を数えた前月1298人に続いて2カ月連続し1000人を超えた。
 協会によると、インバウンド対策の効果もあって昨夏から1000人を超えるようになり、7月は札幌や旭川稚内、利尻などを1週間程度の行程で回る台湾、香港のツアーが多かったという。

コメントを残す