天北堆

 春以降、稚内港を基地とする沖底漁船の水揚げが良いようだ。ホッケが昨年の8倍近い数量で価格は下落しているものの、漁獲高は不漁に喘いだ昨年の2・3倍にもなる。自主休漁が奏功したとか何やかやと御託を並べているが、理由はどうでもよい。獲れればいいのだ◆加えて夏魚のオオナゴも好漁で関係者の渋っ面に今年は笑みも◆とはいっても漁業資源が減少しているのは確かなことで、これからは少ない漁獲でも安泰な経営をいかにやっていくかだ◆蛇口をきつくし支出を抑え凌ぐのにも限界があろう。

コメントを残す