錦産業に4年連続し栄誉 道開発局工事成績優秀企業表彰

 北海道開発局による本年度工事成績優秀企業が発表され、管内から唯一、錦産業(貝森輝幸社長)が4年連続し選ばれた。
 道開発局では、工事成績評定の透明性確保と事業者の技術力向上を図るため、過去2年間に3件以上完成させた業者の中から工事成績で80点以上の業者を認定しており、本年度は19事業者が選ばれた。
 錦産業は一般国道40号幌延町南幌延改良工事など6件施工し80点を獲得。4年連続認定は錦産業と帯広の業者の2社だけで、管内での連続認定は錦産業が初めて。
 26日に札幌市で開かれた表彰式に出席した貝森社長は「社員一丸となって無事故無災害で取り組んだ成果でもあり、とても感謝しています。今後も継続して技術力を高めていきたい」などと話していた。

コメントを残す

前の記事

天北堆