ぬまかわ酪農まつり人間輓馬に熱狂し 炎天下3000人来場

 北宗谷農協主催のぬまかわ酪農まつりは29日、沼川みのり公園で開かれ、気温が30度を超える炎天下の中、3000人余りの人出で賑わった。
 農畜産物の消費拡大をPRするイベントとした30回を迎えた酪農まつりは、絶好の祭り日和となったことから市街地から市民らが続々と車で訪れた。天北小中の児童生徒による天北太鼓やソーラン踊り、子供対象の牛の鳴きまねコンテスト、歌謡ショーなどの余興が祭りを盛り上げ、会場では家族連れらが各団体の発表を見ながらバーベキューを楽しんだ。
 メインイベントの人間ばん馬レースには市内から6チームが参加し、全長50㍍のコースで予選はソリの重さが400㌔、決勝は500㌔を引っ張って競い合い、市内の20~40代の会社員らのグループ「MUTEKI」が優勝した。

コメントを残す