市場からあふれ駐車場へ 稚内漁協にイカ1800箱

 24日、管外イカ釣り漁船が8隻に増え、稚内漁協市場には発泡1700箱、木箱100箱上場。漁協駐車場には発泡が並べられ、競りを終えた業者が運ぶ作業に追われていた。
 19日に初入港したイカ釣り漁船3隻に続き、24日は新たに5隻が加わり、礼文島船舶沖などで漁獲したイカを市場に上場。今年初めて1000箱を超えた。
 利尻の漁船乗組員によると、苫前などで漁をしている漁船が徐々に北上していきているとし「今のところ、利礼沖でも昨年ほど獲れていないがまずまずといったところかね」と話していた。

コメントを残す