吉田氏の委員除斥認めず 稚内を愛する会の要望に監査事務局

 市のゴルフ場購入に関わる住民監査請求を受理した市の監査事務局は17日、稚内を愛する市民の会が10日に提出した監査委員の吉田孝史氏の除斥を求める要望に対し「地方自治法の違反には該当しない」とし、今のままで監査を続けることにした。
 愛する会は、ゴルフ場購入の議決に携わった監査委員の吉田孝史市議が監査することは公平性の観点や地方自治法が示す内容から除斥するべきであると要望していた。
 この結果に佐々木政美会長は「監査結果がどうなろうとも公正性、公平性が保たれているとは思えない」と話していた。

コメントを残す