みなとコンサートに2200人 9団体が合唱など発表

 WAKKANAIみなとコンサートが14日午後、北防波堤ドームで開かれ、2200人余りの市民や観光客が各団体の歌や演奏などの発表を楽しんだ。
 稚内のみなとを考える女性ネットワーク(岩本明子代表)が、港町ならではの催しとして企画し今年で16回目のコンサートには、稚内フラシスターズを皮切りに稚中音楽部、宗谷アルメリアコール、エンジェルボイス=写真=、札幌を拠点にチェンバロ奏者として活躍する明楽みゆきさんなど9団体・個人が出演した。
 岩本代表は「稚内開港70年記念として開催した今年は、天候にも恵まれ多くのお客さんや関係者に参加して頂き盛況に終わりました。今後も港を活気づける活動をしていきたい」と話していた。

コメントを残す

前の記事

天北堆