抜海海浜を清掃 北電、北海電気工事、電気保安協会

 北電稚内ネットワークセンター(旧営業所)、北海電気工事稚内営業所、北海道電気保安協会稚内事業所の社員が12日、抜海の海岸で清掃奉仕活動を行った。
 公益財団法人海と渚環境美化・油濁対策機構(東京)の呼びかけによるクリーンアップ全国での清掃活動として、3団体から11人が参加した。
 午前9時過ぎから抜海岩陰遺跡付近の海岸に落ちている空き缶やペットボトル、プラスチック容器など拾い集め、2時間ほど清掃活動に取り組んだ。
 稚内ネットワークセンターの惣名寿人所長は「波で運ばれてきた漂着ゴミが多く、地域への貢献として今後も清掃活動を続けたい」と話していた。

コメントを残す