船内見学、礼文島巡りなど 児童対象にフェリー体験航海

 稚内港海の月間実行委員会主催のフェリー体験航海と礼文島見学会が7日、フェリーターミナルなどで開かれ参加した小学5、6年生の児童が海や船について学んだ。
 海上交通など支える船員の高齢化が進み、船員不足が予想される中、次代を担う子供たちに海や船のことを知るきっかけにと開かれたもので、小学5、6年生の親子5組10人が参加した。
 親子は道運輸局旭川運輸支局職員の海事講座で、船舶の種類、船員の仕事についての話を聞いたあと、フィルイーズ宗谷に乗船し操舵室を見学=写真=。フェリーは礼文へと出航し、島内では北のカナリアパークなど3カ所を巡り、帰りはサイプリア宗谷でのクルーズを楽しんだ。

コメントを残す