ゴルフ場購入の是非は? 住民監査請求を受理

 稚内を愛する市民の会(佐々木政美会長)が、稚内市の稚内ゴルフ場の土地・建物購入は不当であると工藤市長に対し提出した住民監査請求を、稚内市監査事務局は4日付けで受理した。
 愛する会は稚内市の土地及び建物の取得は全く必要性がなく買い取り価格の算定も適正を欠いており違法であると主張。工藤市長に対し購入費4238万8000円の返還を求めている。
 監査事務局は、公平公正な立場で内容を確認して行きたいとし、今後は監査委員2人と共に監査を行い、8月17日までに返答することにしている。

コメントを残す