ガチャガチャでピンバッジ 赤い羽根共同募金の寄付で

 稚内市共同募金委員会(菊池工会長)は赤い羽根共同募金に協力した人に贈る寄付金付ご当地ピンバッジを作成。4日から受け付けしている。
 北海道共同募金委員会では、10月1日から始まる赤い羽根共同募金活動PRの一環として、各市町村にオリジナルピンバッジ募金の協力を呼びかけており本年度は100種類以上作成される予定。
 稚内市では、4年前から〝りんぞうくん〟をモチーフに取り組んでおり、今年は百年記念塔を配したピンパッジを500個作成し、社協窓口や市内でのイベント、市内のホテル・旅館(10カ所ほど)で取り扱っている。
 稚内市共同募金委員会では、今年から募金額増強と寄付金付きピンバッジの周知を含め4日から稚内観光協会前にピンバッジ専用のガチャガチャ(1回500円)を12月末まで設置し、500円以上募金するとバッジ1個が贈られ、募金額から製作費を除いた金額が赤い羽根に募金される。委員会では「目標額を達成するため協力をお願いします」と呼びかけている。
 稚内共同募金委員会では道共同募金用の初音ミクバージョンのピンバッジ(1個500円)60個を8月中旬から観光協会設置のガチガチャでも手にすることができる。

コメントを残す