時の話題 「川柳コーナー新設」

 以前から構想として持っていたのだが、本紙で川柳コーナーを設け読者の方々から五七五調17字の短詩の投稿を受けつけることにしました。
 五七五といえば季語など制約がある俳句がテレビ番組の影響などあって今、盛んなようだが、出来・不出来など関係なく皆さんの家族の様子、社会や政治など機知と諷刺を利かした作品の投稿をお待ちしてます。
 「読者コーナー」のよう本社に投書が届き直ぐ載せるというのでなく、ある期間(1週間位か)で集まった作品をまとめて載せるという形にしたいと思っている。
 川柳は江戸中期に隆盛を極めたといわれるよう徳川幕藩体制が盤石であった頃の庶民の武士を頂点とした身分制度や幕府や藩の政治への不満が内包していた時代であり何かしら今の政治状況と似ているような気がする。
 一般市民の鬱積が想像以上にあることは明々白々なことであり、読者の皆さんが川柳を投稿することで幾らかでも不満解消に繋がればと思っております。
 俳句などと違って上手・下手の垣根はなく17字の中に思いの丈をストレートでもオブラートに包んだ比喩的なものもいいでしょう。
 タブロイド判という紙面的に制限があるにしても此方から一方的に伝えるだけでは新聞の務めを果たしているとはいえず、6年前から始めた「読者コーナー」同様、読者と双方向の紙面作りの一助になればと願っている。
 本紙創刊70周年まであと2年。歴史と伝統は守りつつ将来の方向性を見据えた紙面作りをして行きたいので協力の程お願いします。

コメントを残す