40年振り返るパネル展 北方記念館・百年記念塔で開催

 1日で開館40周年を迎えた稚内市北方記念館・開基百年記念塔は27日まで記念イベントとして40年を振り返るパネル展を開催している。
 初日は市民や観光客ら96人が訪れ、開館した昭和53年に全国や世界で起きた出来事を振り返る年表やオープン日の稚内市内の記録ほか、昭和52年の旧ソ連200海里設定前のホッケなど大漁に水揚げされていた活気溢れた第1副港や沖合での底曳漁船内の作業など稚内海友会から提供受けた写真やパネル約60点が展示されており、訪れた来館者らは当時の稚内市内の歴史を懐かしんで見入っていた。
 同館では7日から1カ月間に亘って七夕コーナーを設置し、短冊を書いた来館者の先着250人にキャンディーを配る。

コメントを残す