あす宗谷岬にツアーセンター開設 観光ボランティアガイドが事前研修

 7月1日から宗谷岬展望台1階にオープンするツアーセンター「Base soya」で個人観光客向けにツアーガイドを担当する稚内市民観光ボランティアが29日、研修を兼ね宗谷丘陵のガイドコースを歩いた。
 宗谷岬に訪れる観光客に少しでも滞在時間を延ばしてもらおうと稚内観光協会が9月末まで開設するツアーセンターでは、自転車で周辺観光を楽しんでもらうレンタルサイクル、ボランティアガイドの案内で歩く宗谷岬歴史巡り、宗谷丘陵の白い道など約11㌔のロングコースを歩くガイドウォークなど体験メニューを充実させ観光客をもてなす。
 29日はボランティアガイドや協会職員ら10人が、宗谷丘陵の周氷地形や宗谷牧場で放牧されている宗谷牛、3㌔に亘りホタテの貝殻が敷き詰められた白い道など案内ポイントを確認しながら4時間ほど歩いた。
 ツアーセンターを設置することに中井協会事務局長は「宗谷岬に訪れる観光客の滞在時間は平均20分ほど。トイレ休憩や記念写真を撮って帰ってしまう人が多く、周辺の魅力を伝え滞在時間を延ばすことで地域の経済効果を上げたい」としている。

コメントを残す