時の話題 「W杯予選突破」

 勝負に綾は付きものだが、サッカーW杯予選H組で日本は最終ポーランド戦で敗退したものの、セネガルもコロンビアに敗れ勝ち点得失点差も並んだ結果最終的に警告数の少ない日本が決勝トーナメント(ベスト16)に駒を進めた。
 スポーツでも賭け事でも予想どおりにならないところに醍醐味があると知りながら誰がこのような結着を思い描いたであろうか。
 勝負には駆け引きが必要で、時によってはラフプレイも戦術になることもある。イエローカードの数が少ない日本がトーナメント戦に進出したというのは日本という国が培ってきたスポーツマンシップの賜であり、先般あったアメフトの日大指導部とは極めて事を異にするもので、日本サッカーの目指す姿勢が評価された結果ともいえよう。
 W杯で日本は戦う相手すべてが世界ランク上位の格上で、加えて前監督の突然の解任という後を引き継いだ西野ジャパンの前評判はいい筈がなく、3戦全敗の可能性が高いなか開幕したW杯。大きかったのは初戦のコロンビア戦の勝利だった。
 セネガル戦は初戦勝利の勢いもあり引き分けに持ち込み、ポーランド戦の序盤はチャンスを逃し敗退したものの、ファールの少ないフェアプレイに徹した日本チームをつぶさに天上から見ていた勝利の女神が贔屓してくれたかのような予選突破劇だった。諦めることなく直向きな日本への御褒美であった。
 ベスト8を賭けた一戦の相手は世界ランク3位のベルギー。組織力に加え個の技術も高い相手だが、怯むことなく挑んでほしい。

コメントを残す