振興局が夏山登山に注意喚起 

 利尻山が夏山登山シーズンを迎えたことから宗谷総合振興局は登山者に対し遭難や事故防止の注意を喚起している。
 6~9月にかけて毎年、多くの登山者が利尻山を訪れているが、例年、下山中のケガで身動きが取れなくなる事故、登山コースから外れ遭難する事案があり、昨年は5件の遭難騒ぎがあった。
 振興局(地域政策課)では、今年も登山者向けの啓発用チラシを作成し、フェリーターミナルなどで配布しており、単独登山を避け経験者と行動することや登山計画書の提出を呼びかけている。

コメントを残す

次の記事

時の話題 「西郷どん」