SNSの注意点など 南小でLINE講師が防犯教室

 南小で26日、スマホのSNSアプリなど配信しているLINE(東京)による防犯教室が開かれ、児童たちがインターネットを使用する時の注意点など教わった。
 同社は奉仕活動の一環として、インターネット利用に関する講演を行っており、南小では5、6年生120人を対象に教室が開かれた。
 LINEインストラクターの清原由圭さんが「インターネットを使うときに気をつけること、考えること~楽しいコミュニケーションを考えよう!」と題し講話した中、SNSを使用し写真などを投稿する場合、一度発信してしまった情報は簡単に広がってしまう危険性があるとし「未来の自分が見ても恥ずかしくないかを考え投稿し、メッセージは相手がどう感じるか想像し上手にコミュニケーションを取りましょう」とアドバイスした。
 夜には保護者ら向けの教室が開かれた。

コメントを残す