天北堆

 稚内は明治の初め「北見国宗谷群稚内村」という地名だったなど稚内北星大学で開かれた稚内学で北大大学院の谷本教授。稚内というのはアイヌ語で水のある沢という意味があるとの話を聴いたことがある。水が豊富だったというのは大沼や増幌川など河川のほか泥炭地にも由来しているのか◆ロシアと対峙する北方の拠点として津軽藩などから防人がこの水の豊かな土地に赴任し珈琲を飲み何を思ったか◆何処のマチにも歴史があり150年前にタイムスリップすると風が強いだけで何もないマチではなくなる。

コメントを残す