天北堆

 これだけ人の動きがグローバルになると地球の反対側の感染症だって日本国内で発生しないとは限らない。稚内保健所がアフリカで猛威を振るったエボラ出血熱を想定した訓練を医療関係者を対象に行った◆今年春も台湾で流行した麻疹(はしか)が沖縄を経て本州などで罹患者が出た事もあり飛行機で一飛びの現代は便利さと共にリスクもあること肝に銘じなければならない◆今、サッカーW杯が彼の国ロシアで開催されているが、ボールと一緒におかしな感染症だって蹴飛ばされやってくるやも知れない。

コメントを残す

次の記事

こぼれ話