振興局がヒグマ捕獲の許可出す

 宗谷総合振興局は22日、利尻、利尻富士両町から提出されていたヒグマ捕獲申請を許可した。許可期間は今年末とされているが、振興局(環境生活課)では「許可は捕獲開始と同一でない」としている。
 対岸の北海道から泳いで利尻島に渡ったとされるヒグマは餌を求め島内の山林を動き回っており、先日には無人カメラに姿が撮えられていた。

「熊森協会が捕獲しないよう」
 道(宗谷総合振興局)のヒグマ捕獲申請許可に当たって日本熊森協会(兵庫県西宮市)から小紙にFAXがあり、保野利尻町長に対し「ヒグマを捕獲(駆除)しないでください」との要望書を提出した事を明らかにした。
 「今回の利尻島のヒグマが人を襲うことはない」などとのヒグマ研究第一人者の門崎允昭氏(北海道野生動物研究所長)の見解を掲載している。

コメントを残す

前の記事

こぼれ話