まずまずの漁模様 解禁された夏ナマコ漁

 稚内漁協の夏ナマコ漁が16日解禁され、18日午前中、宝来地区の前浜で磯船が採取合戦を繰り広げた。
 初日の16日はシケで数隻の磯船しか出漁しなかったが、18日は北防ドーム裏付近で、20隻近く出漁し漁業者が箱眼鏡で海中を覗きナマコを採取していた。
 初出漁し20㌔近く水揚げした男性は「海中が見やすく、漁はまずまずだった」と幸先よい漁模様に笑顔を見せていた。
 桁引き船はシケで出漁できずにいる。

コメントを残す