特殊詐欺被害に注意 信金と稚内署が年金支給日に啓発

 稚内信金と稚内署は15日、信金富岡支店で振り込め詐欺被害防止の啓発活動を行い、来店したお年寄りに注意喚起していた。
 年金支給日の15日午前中、職員と稚内署の警察官が、ATMコーナーを訪れたお年寄りにオレオレ詐欺などに関する資材を配布し啓発した。
 道内の今年5月末までの特殊詐欺被害は昨年と比べ36件少ない65件発生し、金額は5100万円余り少ない1億6135万円。稚内署管内での発生はないものの、13日に全国訴訟相談センターを騙る民事訴訟通知書という新しいタイプの詐欺のハガキが送られてきており、身に覚えがない場合は直ぐに相談をと呼びかけている。

コメントを残す

次の記事

天北堆