天北堆

 今年はダメかと落胆していたところサハリン側が経費を全額負担しサハリン航路運航することに。7月下旬からとのことなのでシケ早くなる秋口まで2カ月ほどと短いが航路が継続されるのは目出度い◆運航断念のニュースは全国的に発信されているので今回の再開も同様な扱いになろう◆サ州側にとって航路は日本が思う以上に大切な航路なのだろう。そうでなければ経費の全額負担などない◆今年は兎も角、問題は来年以降の運航で、いかにして今のペンギン号に代わる貨物と乗客を運べる船舶を確保するかだ。

コメントを残す