かもめ~るで詐欺防止 市内郵便局が協賛企業を募集中

 日本郵便北海道支社宗谷地区連絡会稚内部会(部会長・長谷川拓也宝来郵便局長)と稚内郵便局郵便部(部会長・佐藤晴久局長)は今年も〝かもめ~る〟に特殊詐欺防止の啓発文を記載したハガキを各世帯に来たハガキなどと一緒に配達しており、この取り組みに協賛する企業を募集している。
 犯行手口が巧妙化している特殊詐欺の防止対策として両団体では稚内署の協力を得て、平成27年度の年賀ハガキから夏の〝かもめ~る〟などのハガキに詐欺に関する犯行フレーズに加え、稚内署の電話番号、協賛企業名を記載している。今月11日まで12社から協賛を得ている。
 長谷川局長は「市民が詐欺被害に遭わないため企業の皆さんの協力をお願いします」としている。
 ハガキは1口200枚(1万2400円)で2口まで。
 郵便部会では、15社集まれば郵送されるので全戸配布するには35社程度の協賛が必要となることから随時、市内の郵便局で受け付けている。

コメントを残す