声問神社祭典 きのう住民100人で参加し神輿渡御し地域を練り歩く

 

 9日から始まった声問神社祭で10日、住民100人が神輿を担いで町内を練り歩く渡御が行われ、地域の繁栄と安寧を願った。
 9日の宵宮祭に続き10日は神社で神事が執り行われたあと、車に載せられた神輿2基が出発し、稚内石材前や住宅街などで「ワッショイワッショイ」と威勢の良い掛け声をかけながら渡御した。
 夜には声問町内会館でカラオケ大会、児童や稚内フラシスターズの踊りの発表など催しがあり、住民たちは楽しい一夜を過ごした。 
 11日は神社で後祭りがあった。

コメントを残す

前の記事

天北堆