猿払沖で濃密な魚群反応も 稚内水試オオナゴ漁獲調査 

 稚内水試は調査船北洋丸が、5月23、24の両日、宗谷海峡東方海域で行ったオオナゴの漁獲調査結果を明らかにした。
 それによると、漁場の猿払沖の水深40~80㍍の水温は昨年並みだった。魚探観測を行った3カ所のうち、1カ所の水深40~60㍍でオオナゴの魚群と見られる濃密な反応があり、残り2カ所の90~100㍍付近で反応を確認した。
 調査研究部の堀本高矩研究職員によると、今月から始まったオッター船のオオナゴ漁の出だしは良さそうだが、夏にかけて海水温が上昇するなど海洋環境が変わりやすくなるので、今後の様子を見て行きたいとしている。

コメントを残す