稚内観光物産協会加盟企業の道外百貨店での物産展15%売上額減少

 稚内観光物産協会は昨年度の道外百貨店での物産展売上げ状況をまとめた。
 総体では4406万円と、前年度から14・6%の755円減少した。
 最多は東武百貨店池袋店の1670万円だったが前年度からは16・7%の335万円落ち込み、前年度59万円あった船橋店は実績がなくなった。
 2番目の山形屋は鹿児島店696万円(前年度766万)、宮崎店93万円(同96万)と前年実績割れした。
 高島屋は前年度に続き実績ゼロだった。
 他の百貨店売上げ次の通り。
 ▽井筒屋 381万円(前年度284万)▽藤崎 272万円(同262万)▽岩田屋205万円(同229万)▽大和 145万円(同77万)▽水戸京成百貨店102万円(同100万)▽名鉄百貨店 58万円(同77万)▽ヤマトヤシキ 55万円(同0)▽丸広百貨店 49万円(同86万)▽そごう29万円(同48万)▽天満屋 3万円(同71万)▽その他 648万円(同703万)。

コメントを残す

前の記事

天北堆