ママチャリで日本一周 札幌市の男性けさ稚内をスタート

 ママチャリで日本一周の旅に挑戦する札幌市の土橋明さん(62)が6日朝、稚内をスタートした。
 17歳の時にヒッチハイクで日本一周旅に挑戦した土橋さんは、旅の途中でお金が無くなり食事に困っていたところ、トラック運転手に食事代をおごってもらうなど沢山の人に助けられたことが思い出として残り、その時のことを振り返りながら旅をしたいと、今年3月末で定年退職したのを機に日本一周の旅を決意した。
 旅の相棒となる自転車は「未来号」と名付け、人生100年時代で第二の人生を様々な事にチャレンジしたいという思いを込めた。一日50㌔ほど進む計画で、8月までには折り返し地点の沖縄まで行き、走行距離5000㌔となるゴールの札幌市には今年11月の到着を目指す。
 稚内からは日本海側のルートを南下するという土橋さんは「人との出会いと自然など風景を見ることを楽しみながら無事にゴールしたい」と、1日目の目的地である天塩町目指し出発した。

コメントを残す