菅原耕さんに消防長官表彰 危険物安全管理に寄与

 本年度の消防庁長官及び全国危険物安全協会理事長表彰が決まり、稚内市危険物安全協会会長の菅原耕氏(76)が稚内市から初めて消防庁長官表彰(危険物保安功労者)に輝き4日、東京で開かれる危険物安全大会席上表彰される。
 同表彰は、永年に亘り危険物関係事業所において危険物の取扱い等に関する技術の向上施設の改善や安全管理の推進に努めた功績者を称えるもので、菅原会長は、昭和40年に稚内市危険物安全協会に入会し、51年に理事、平成9年副会長、20年からは同協会会長ほか道危険物安全協会連合会理事を務めている。
 道内での消防庁長官表彰の個人受賞は菅原会長一人。
 菅原会長は「永年、会長を務めているので戴いたものでもある。稚内で大きな事故がなかったという証しであり、私個人でなく稚内協会全体に対する御褒美と思っております」とコメントしていた。

コメントを残す