サ州への輸出に光明 北友ストアの食品が無事にユジノに到着

 北友ストアーが稚内とサ州ネベリスク間を運航する貨物船を活用して輸出した食品が無事、目的地のユジノサハリンスク市のショッピングセンターに到着した。
 ショッピングセンターの輸入業者からトウモロコシなど食品500㌔分の注文を受けての輸出で、今回は輸送コスト削減などを図るためネベリスク港から稚内にウニを定期輸送している貨物船の帰り便を活用して荷物を送った。
 15日夕方に稚内港を発った貨物船は翌16日朝、ネベリスク港に到着。現地の税関手続きを終え、その日の夕方には注文先へ荷物が届いた。
 今回、ウニ貨物船の帰り便を使っての初めての輸出成功に吉川社長は「今後はチャーター船を使わず食品だけでなく、生活用品などもサ州へ運ぶことができる」と手応えを感じている。
 ロシアのウニが禁漁となる7月15日から3カ月を除き、貨物船を活用して輸出に力を入れていきたいとしている。

コメントを残す