稚内署で拳銃など点検

 稚内署は18日、署員の通常点検を実施した。
 同署では、職務遂行や厳正な規律を養うため月1回、服装や貸与品(拳銃などの装備品)の点検を行っており、本年度最初の点検には35人の署員が参加。
 服装のほか、警察手帳、警棒、手錠、警笛、拳銃など署員が携帯している装備品をチェックした藤井署長は「我々の使命は市民の安全安心を守ること。その責務を果たすため日頃の訓練など怠らないでほしい」と署員に檄を飛ばしていた。

コメントを残す