現状把握し取り組む 永澤篤宗谷教育局次長

 宗谷教育局次長に着任した永澤篤氏(54)は「長年に亘って携わってきた経験を活かし、この宗谷地域の現状をしっかり把握し何ができるかを考えながら取り組みたい」などと抱負を語った。
 函館市出身の永澤次長は、北海道教育大函館校を卒業した昭和63年に奉職。長万部町立共立小学校を振り出しに渡島地域で13年間教鞭を執ったあと、道立教育研究所研究主幹、学校教育局特別支援教育課主幹などを歴任。前任は学校教育局義務教育課主幹。
 宗谷地域への勤務は初めてだが、平成13年に道立教育研究所時代に初めて出席した教育研修大会が宗谷会場だったと話す傍ら、前職の義務教育課学力向上推進グループ主幹として、学力調査の結果分析を担当したこともあり「宗谷は教職員の研修意欲が高い地域なので授業改善に関わる研修などを充実させていきたい」と述べていた。
 趣味はロードバイクとルアー釣り。8月に開催する利尻島一周ふれあいサイクリングやサクラマス、秋サケ釣りに挑戦したいと。

コメントを残す