子供の潜在能力引き出す 宮岡孝博宗谷教育局長

 宗谷教育局長に着任した宮岡孝博氏(57)は「管内の子ども達の学力・体力の向上は勿論のこと、学校の総合力を上げるためにも潜在能力を引き出せるような支援をしていきたい」などと抱負を語った。
 美深町出身の宮岡局長は、小樽商科大学短期大学部を卒業し昭和57年に奉職。滝川工業高校事務職員を振り出しに、道教育庁高校教育課主幹、十勝教育局次長などを歴任。前任は本庁学校教育局健康・体育課長。
 宗谷地域への勤務は初めて。住んで半月が過ぎ、イメージ通りの風の強い街ですが、買い物面を含め住みやすいとの印象。
 管内の教育状況については、宗谷地域は道内の中で若い教職員が多くいる地域の一方で経験が少なく上手く子ども達が本来持っている力を引き出せていない部分もあるので「各市町村と連携した環境づくりに取り組みたい」と述べていた。
 趣味は海釣り。今年は秋サケ釣りにも挑戦したいと話していた。

コメントを残す

次の記事

天北堆