春観光がスタート 北市場など団体客立ち寄る

 4月中旬に入り、春観光で稚内入りする観光客が見られるようになった。
 16日午前、読売旅行企画の「春の北海道三大岬めぐり4日間」というツアーの観光バスが大阪など関西からの観光客30人余りを乗せ市内観光をしていた。
 15日夕方に稚内入りしたツアー客は16日、朝からノシャップ岬、北防波堤ドームを見学後、立ち寄った北市場で稚内近海で獲れた海産物などをお土産として買っていた。
 札幌のバス運転手によると、このツアーは春観光としては最初のツアーで、今月末までは週2本ほどあり、5月に入ると毎日1本のペースで稚内入りするという。

コメントを残す