時の話題 「風雲急を告げる」

 「記憶にありません」「記憶の限りでは(その事実は)ありません」。いずれの言葉も記憶にないことを表しているのだろうが森友、防衛省、厚生労働省の問題ばかりでなく、昨年の衆院選前に大騒ぎした加計学園の愛媛県内での獣医学部新設計画で首相秘書官(2015年4月当時)だった柳瀬唯夫氏が「記憶の限りでは愛媛県職員に会ったこともない」と言ったのは食言(嘘)の可能性がかなり高いことが明白になった。安倍総理側近の柳瀬さんは誰をかばっているのか。
 柳瀬さんと会った県庁職員が備忘録(忘れた時の用心に書き留めておくノート)に「首相案件で、自治体がやらされモードでなく死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」などと柳瀬さんの言った事を書き留めていた。
 現職知事が記者会見を開き説明したのだから嘘はないはずだが、柳瀬さんは「記憶のある限り首相案件と言ったことはない」などとの報道もあり、国会での答弁で確か県庁職員と会ったこともないと言っていたはずで、語るに落ちたとはこのことだ。
 森友問題の佐川理財局長(当時)と比べ柳瀬さんは総理の近くにいるため不遜な所があり、地方(県庁)の職員に対し高圧的に臨んでいる様子が浮かんでくる。彼の木で鼻をくくる様子からである。
 湧き出るがごとく表面化する失態に安倍総理自身、そして内閣、自民党はどう対処するのか。今回ばかりはトカゲの尻尾切りで済まず風雲急を告げてきたようである。
 次の総理は誰になるのかな。

コメントを残す