吉永小百合さん来市し北の桜守パーク開館 今月29日から一般公開

 吉永小百合さんが主演し公開中の映画「北の桜守」の撮影で使われたメグマ沼のロケセットが「北の桜守パーク」として、GWの今月29日から一般公開される。
 昨年6月のロケセットでの撮影では、主人公江蓮てつ役の吉永さんはじめ、夫役の阿部寛さん、江蓮家の友人役の岸部一徳さんらが樺太の地でサクラが開花し喜ぶ家族らのシーンなどが撮影された。
 新たな観光施設として開館する北の桜守パークには、映画の撮影が行われた場所を紹介するパネル、スマホなどのAR(拡張現実)アプリを使って指定された場所にカメラを向けると吉永さんと記念写真が撮れるコーナー映画で使われた衣装などが展示される。
 オープン初日は吉永さんが出席し午前11時からオープンセレモニーがあり、テープカットや施設前でサクラの記念植樹などが行われ開館を祝う。
 セレモニー終了後には先着300人に記念品が贈られるほか、稚内観光物産協会の飲食ブースなども出店される。

コメントを残す