本坊社長に白波愛の活動宣言書

 こんかつ実行委員会(千葉一幸会長)は7日午後、本坊愛一郎薩摩酒造社長に対し「さつま白波」普及を含め〝白波愛の活動推進宣言証〟を渡した。
 7日夜のわっかない白波会開催を機に、市民有志で設立された。
 今後の活動としてさつま白波を含めた薩摩酒造商品を継続して取り扱う店舗を募るほか、市民にも白波ブランドを愛飲してもらうために、協力店舗で例会など開催する計画をしている。
 千葉会長から活動推進宣言証を受け取った本坊社長は「白波普及に向けた活動はありがたい。稚内市での取り組みを応援して頂きたい」と話していた。
 活動に対し薩摩酒造では、白波の飲み方の提案や商品の紹介、試飲などの協力をサポートしていく。

コメントを残す